IT

法人の味方!データ復旧サービスやオンラインストレージの活用法

低価格で利用可能

男女

低価格で利用できるクラウドのファイル共有は、1GBあたり1,000円から利用できる安価なサービスです。また、メーカーの選び方次第でアクセス無制限や権限設定ができるので自由自在に使いこなせます。

トラブル解決の最善策

男の人

突然見舞われるhddを認識できないトラブルは、物理障害や倫理障害などあらゆる要因によって起こります。比較的軽い障害であれば、自社で対応することができるかもしれません。しかし、トラブルレベルが高い場合は自社で対処するよりも専門業者に依頼をし、データ復旧の作業を行なってもらう方法が得策です。とくに見たことのない画面が表示されている時や異音・焦げが発生している時は危険です。大事なデータを守るためには、早めにトラブルを察知したら、ムリに直そうとせず専門業者への修理依頼が安全です。

hddで起こるトラブルの影響は、法人だと比較的大きなダメージです。それは扱っているデータが業務に関わるものから気密性の高いものまであるからでしょう。実際、このデータが消失・流出した場合は損害を補填しなければならない事態も起こります。ですから、安易に考えるのではなく、何かおかしいと思ったら専門業者を頼るのが一番です。
専門業者なら、hddの修理からデータ復旧、さらにアフターサポートなどあらゆるサービスで対処してくれます。これが安全にデータを取り出すことに繋がり、トラブルの被害を最小限に抑えることが可能になるわけです。ただし、専門業者のデータ復旧サービスを利用したからと言って、必ずデータを取り戻せるわけではありません。障害レベルによっては修復不可能という判断になることもあり得るので、トラブルに備えてバックアップをしておくことが大切です。

障害に強いサービス

電子メール

業務で使用する頻度が高いウェブメールは、安全性の高いものを選ぶことが大切です。特にスパムやウイルスは社内で感染すると、あっという間に拡散されるのでシステム選びから耐障害性の高いものを選びましょう。

コストダウンが可能

オフィス

多くの法人が利用しているオンラインストレージは、自社でサーバを運用するよりも初期費用やランニングコストが抑えられます。さらに、操作性や機能性が高いので業務効率を高める効果もあります。