男性

法人の味方!データ復旧サービスやオンラインストレージの活用法

低価格で利用可能

男女

様々なメーカーからサービスが提供されているファイル共有は、クラウドを使ったシステムが主流となっています。インターネット上に構築されたシステムなので、維持管理費がほとんどかかることがないのが特徴です。そうしたことから、法人に提供される際も非常に低価格な料金帯になっているのも魅力のひとつでしょう。実際、1GBあたり1,000円程度で利用できるものもあり、導入しやすいものがたくさんあります。

ファイル共有をクラウドシステムベースにする場合、使用する目的や場所を考えた上で選定するといいでしょう。例えば、社内だけではなく外出先で使用したい従業者がいる場合やアクセスする関係者が多数いる場合は、権限設定できる機能を搭載しつつアクセス無制限があるメーカーがベスト。こうした必須条件を洗い出さないままファイル共有サービスを選んでしまうと、後々運用面で支障が出ることも考えられます。この支障は、結局コストアップの引き金と業務の非効率化を招いてしまうことになるので、十分注意をしておきましょう。

クラウドベースのファイル共有は、容量の設定が自由自在にできることが魅力でしょう。単位が細かく設定されていることから、必要分だけ増量することができます。もちろん、必要なくなれば容量を減らすこともできるので無駄なコストをかけることなく運用できるでしょう。もちろん、導入後は定期的にクラウド内のデータ整理や確認を行なった上で管理をしておくことが大切です。